みやぞんは韓国人!?本名はネバーとは?母親の画像は

 

気になる映画をお得に視聴しよう

 

最新映画や前から観たかった映画をお得に視聴してみませんか?

 

今ならなんと30日間無料お試し視聴できる
キャンペーンを実施しています!

 

詳しくはコチラ

↓ ↓ ↓

 

 

 

みやぞんが実は韓国人であり、本名をネバーであるという噂がありますが、

本当にみやぞんは韓国人で本名はネバーというのかまた母親の画像について調べてみました。みやぞんが韓国人なのでは?という噂が流れたのは、母親画像からなのだそうです。
みやぞんと言えば大人気の今注目の芸人ですね

 

 

 

スポンサーリンク


 

みやぞんは韓国人だった?

 

 

以前から、みやぞんの見た目や雰囲気が韓国人なのではと噂されていたようなのですが、ご本人からも実は韓国人であったことをカミングアウトされています。

 

 

 

2015年4月に放送された「有田チルドレン」という番組内で、「最近、衝撃の事実を知りまして、ボク、あのそれまで知らなかったんですけど、ボク韓国人だったんですよ。」と発言されています。

 

 

 

番組の中で、みやぞんが運転免許を取得しにいったエピソードを話した時の流れでカミングアウトされました。高校生の時、友達と一緒に免許を取りに試験場へ行ったときのことです。

 

 

 

係員から、みやぞんだけ書類が足りないと言われ、何の書類が足りないのか聞いてみると、それが外国人登録証明書だったそうなのです。それまで本人のみやぞんも、自分が日本人ではなく韓国人であったことを知らなかったそうです。

 

 

 

ご本人からのカミングアウトですので、みやぞんが韓国人であったという説は本当のようです。確かに、本名である「大耕(だいこう)」というお名前も、韓国人のようなお名前ですね。

 

 
しかし、どうして高校生になるまで自分が韓国籍であることを知らなかったのでしょう。

その理由は、どうやらみやぞんの複雑な家庭環境が原因のようなのです。

 

 

 

同番組の中で複雑な家庭環境にも触れており、みやぞんは母子家庭で育ち、4人のお姉さんがいらっしゃるそうです。

 

 
なんと、1番目と2番目のお姉さんのお父さん、3番目と4番目のお姉さんのお父さん、そしてみやぞんのお父さん、それぞれ違うお父さんなのだとか。

 

 

 

みやぞんのお母さんはお名前を春奈さんといいますから、名前からするとおそらく日本人女性ではないでしょうか。

 

 
ということは、お父さんが韓国籍の方だった可能性が高いです。

お姉さんにお父さんのことを聞いたとしても、自分のお父さんとは違うわけですから、
お母さんが告白されない限りは、真相は分かりませんね。

 

 

 

みやぞんの母親も韓国人?画像はある?

 

 

 

みやぞん母親

 

 

最近、みやぞんのお母さんがメディアに出演されており、番組の企画で少しだけではありますが地上波デビューされました。お母さんのお名前は、春奈さんとおっしゃいます。

 

 

 

お顔はかなりみやぞんにそっくりで、とんねるずの石橋貴明さんからは、「ヨーダ」というニックネームを付けられていました。

 

 
お母さんの国籍についての真相は分かっていませんが、お名前が春奈さんといいますから、それから推測しても、お母さんは日本人なのではないかと思われます。

 

 

 

みやぞんの母親は個性がすごい!

 

 

みやぞんの母親の春奈さんは、なかなかのキャラクターの方で、ネット上でもかなりすごい反響だったようです。みやぞんと一緒にいた、とんねるずの石橋貴明さんは、みやぞんのお母さんの第一印象を、スターウォーズのキャラクターのようだと発言されていました。

 

 

 

お母さんの年齢は71歳、お年のわりにはかなりお元気でパワフルな方です。
美空ひばりさんの歌を歌うのが得意なのだそうです。

 

 

 

お顔はみやぞんにそっくりですが、みやぞんによると、お母さんはお顔を整形しているのだとか。そんな個性的なお母さんですが、実は子煩悩な一面も。

 

 

 

みやぞんは幼いころからいろんなスポーツを行っており、特に野球に対する才能が高かったようで、高校生の時にはエースで4番を打ち、大学からはスカウトの話しもあったほどです。

 

 

 

そんなみやぞんのユニフォームを買うため、お母さんは大切にしていた指輪を質に入れて購入したのだとか。

 

 
今ではその指輪分を取り戻すと誓って、みやぞんは仕事を頑張っているそうです。

また、みやぞんが芸人を目指して所属事務所を選ぶ際にも、お母さんの影響を受けたのだそうです。

 

 
みやぞんはもともと、吉本に所属するためにNSCに入ろうとしていたそうです。

しかし、笑いは学ぶものではなく、その辺に落ちているものだから、それを見つけられないものが訓練したところで成長しないと、お母さんがアドバイスをしたことで、NSC行きをやめたそうです。

 

 

 

実はみやぞんのお母さん、芸人として活躍されていた時期があったそうなのです。
そんな経験があったからこそ、言えることですよね。

 

 

スポンサーリンク


 

みやぞんの本名はネバーは本当?真相は

 

 

みやぞんの本名を検索してみると、なぜか「ネバー」というワードが出てきます。
みやぞんの本名は「宮園大耕」といいますので、なぜ本名を検索してネバーというワードが出てくるのか、実は謎なのです。

 

 

 

ネット上では、まとめサイト「NAVERまとめ」を検索するつもりが、「ネバー」と間違えて入力してしまったことが発端ではないかと言われています。

 

 

 

しかし、検索キーワードに出てくるほど多くの人が間違えたのでしょうか。
それは疑問です。

 

 

 

みやぞんは複雑な家庭環境?

 

 

みやぞんは、5人姉弟の末っ子で、母子家庭で育ちました。
お母さんはなんとバツ3!

 

 

 

初婚の際に2人の娘さんが誕生しており、二回目の結婚でも2人の女の子をもうけ、三回目の結婚でみやぞんが誕生しています。

 

 
みやぞんの実の父親とは離婚し、みやぞんは父親と離れてしまいましたが、実は、近所に住んでいた、みやぞんが「お兄ちゃん」と呼んでいた人物が、実の父親だったという話もあるようです。

 

 

 

みやぞんのプロフィール

 

 

みやぞんのプロフィールをご紹介します。

 

 

本名を「宮園大耕(みやぞのだいこう)」といい、1985年4月25日生まれの東京都足立区出身です。身長は172cmで血液型はA型、趣味は野球と格闘技です。

 

 

 

出身高校は、東京都立川荒川商業高等学校で、野球部に所属し、エースで4番を任されていました。

 

 
相方のあらぽんとは、1歳の頃からの幼馴染で、小学校、中学校ともに同級生です。

2009年、2人が24歳の頃に「ANZEN漫才」を結成しました。

 

 

 

みやぞんが中学時は、テニス部に入っており、しかもキャプテンを務め、足立区2位の実績を持っています。高校へは野球の推薦で入学したそうなのですが、なぜテニス部員が野球の推薦を受けたのでしょう。

 

 

 

それは、中学校のテニスコートと野球部の練習場が隣り同士で、テニスの練習中、転がってきた野球ボールをよく拾って投げ返していたそうです。

 

 

 

その投げ返したボールの速度や飛距離を、たまたま野球のスカウトに来ていた関係者の目に留まり、みやぞんを野球部員として推薦したのだとか。

 

 
テニスでも実績を上げ、野球でも活躍するという、高い運動センスの持ち主のようです。
また、運動センスだけではありません。

 

 

 

「世界の果てまでイッテQ!」などでギターの腕前を披露されていますが、ピアノのセンスもかなり高いようです。しかも、一度耳にした曲であれば、譜面を見なくてもピアノが弾けてしまう、絶対音感の持ち主なんです。

 

 

 

そんなみやぞんが芸人としてブレイクするきっかけとなったのが、あるドッキリ番組でした。その後も、2016年に「とんねるずのみなさんのおかげでした」に出演した際、みやぞんの天然と面白いトークが話題となり、さまざまな番組で注目されるまでに活躍しています。

 

 

 

現在では「世界の果てまでイッテQ!」で見せるキャラクターが一気に話題となり、一躍有名人となりました。

 

 

 

みやぞんは韓国人?本名はネバー?まとめ

 

 

ここでは、みやぞんは韓国人なのか、また、本名は「ネバー」なのかについてご紹介いたしました。また、みやぞんを育てた個性的な母親のエピソードなどもまとめました。

 

 

 

みやぞんが韓国人であることは、ご本人のカミングアウトによって真実であることが分かりました。しかし、本名はネバーではなく、「宮園大耕」です。

 
これからもますます、いろんな才能を発揮して大活躍してくれることは間違いないでしょう。

 

 

スポンサーリンク