ゲド戦記の動画をフル無料視聴方法は?ユーチューブやanitubeより安全視聴

ゲド戦記の動画をフルで視聴する方法について、ユーチューブやanitubeより安全な視聴方法をご紹介します。ゲド戦記とは、スタジオジブリ作品の中でも、宮崎駿監督の息子さんである宮崎吾郎さんが監督を務めたとして大きな話題となったアニメ映画です。
ここ最近では、テレビでも放映されるようになりましたが、観たいときにいつでもフル動画を観たいですよね。

 

 

ゲド戦記の動画をフル無料視聴!あらすじは?

 

 

「魔法」が日常的に存在していた多島海世界である「アースシー」では、人間世界に現れるはずのないドラゴンが突然現れ、共食いを始めてしまいます。
これは、魔法使いが魔力を失ってしまうという異常事態が起こったためでした。

 

 

 

魔法使いのハイタカは、この異常事態の原因を突き止めるため、旅をしていました。
その途中、エンラッドの王子であるアレンと出会います。
アレンは、王である実の父を刺し、父の魔法の剣を奪って国を追われていたのでした。

 

 
以後アレンは、世界を覆いつつある「影」に怯えて精神を病むようになり、次第にその力が頭の中にまで及んでいたのです。ハイタカとアレンの二人は、かつては美しい街であったホート・タウンに辿りつきます。

 

 
そこで、ある少女が人狩りのウサギに襲われそうになっていました。
彼女の名はテルー、アレンは少女を助けますが、自分が捕まって奴隷として売り払われそうになります。そんなアレンを救い出したハイタカは、かつてある国で巫女をしていたテナーという女性のもとへアレンを連れて行き、一緒に生活することにしました。

 

 
テナーのもとには、親に捨てられたというテルーも住んでいたのです。
彼らはそこで農園を耕し、平穏な日々を過ごしていました。

 

 
ある日、ハイタカが留守にしている隙に、ハイタカを城へおびき寄せようと、城に住んでいる魔法使いのクモの部下がテナーを誘拐します。

 

 
クモはかつて、永遠の生命を手に入れようと、開けてはならない生死両界を分かつ扉を開けてしまったことで、世界の均衡が崩れてしまいました。

 

 
そして、クモは自分の魔法の使い方が無法であるとハイタカから戒められたことを恨んでいたのです。心の闇に操られているアレンもまた、クモの毒牙にかかってしまい、城に幽閉されてしまいます。

 

 
クモと決着をつけるため、ハイタカは城へとやってきますが、城へ入ると魔法の力を奪われてしまい、囚われてしまいます。一人きりとなってしまったテルーは、アレンの「影」と出会います。

 

 
彼女は、影から魔法の剣を授けられ、皆を救うためにたった一人で城へと乗り込みます。
テルーによって心の闇に翻弄されていたアレンが闇の世界から助け出され、強くなったアレンがクモを追い詰めていきますが、クモの恐ろしい魔法の力で城もろとも全てが破壊されそうな窮地に。

 

 
絶体絶命に追い込まれたアレンでしたが、テルーがドラゴンへと蘇り、クモを倒したのでした。こうして、再び世界の均衡が回復されることとなり、アレンは自分の罪を償うために国へ戻ることにしました。

 

 
テルーやテナーと再会を誓い、国へと向かうのでした。

 

 

 

ゲド戦記の動画の見どころと解説

 

 

 

 

この作品は、ル=グウィンの名作ファンタジー『ゲド戦記』を映画化した、スタジオジブリの長編アニメーションです。

 

 
監督は、「風の谷のナウシカ」や「千と千尋の神隠し」などで有名な宮崎駿さんの息子である宮崎吾朗さんで、彼が初めて監督を手掛けた作品です。

 

 
主人公アレンをV6の岡田准一さん、ヒロインのテルーを手嶌葵さんが声優を務めました。
主題歌「テルーの唄」も話題となり、興行収入76億円を突破した大ヒット映画です。

 

 
ゲド戦記を見る上での注目ポイントは、映画最後のエンドロールです。
劇中では、最後にクモを倒すことができましたが、崩れてしまっていた世界の均衡が元に戻ったかどうかまでは描かれていません。

 

 
しかし、エンドロールを見てみると、アレン、ハイタカ、テルー、テナーの4人は、ただ生きるために畑仕事や家事を行い、テルーを襲っていたウサギや悪役のおばさんたちなどは笑いあって食事をしたりと、世界の均衡が保たれた世界をイメージすることができるエンドロールとなっています。

 

 
ハッキリとは描かれていませんが、観る人それぞれがその後をイメージすることができるエンドロールとなっているようです。

 

 

 

ゲド戦記の動画をフル視聴した感想!

 

 

ゲド戦記の動画を視聴した方々のレビューや感想を検索してみると、他のスタジオジブリ作品と比較すると、絵が微妙であるとの意見が多いようです。

 

 
また、ゲド戦記の原作を知っている方からすると、原作にはないシーンがいくつかあるので内容的にガッカリした人もいるようです。

 

 

 

「影」やドラゴン、魔法など、実在していないものを扱っているため、内容の意図などがうまく伝わらないという方もいて、理解するには難しかったという人も多いようです。

 

 
いろいろな評価のある作品ですが、どの映画においてもその評価は個人差がありますので、ジブリ作品としてではなく、一つの長編アニメ映画として鑑賞するといいのかもしれません。

 

 

 

ゲド戦記の動画をユーチューブやanitubeで視聴はダメ?

 

 

ゲド戦記のフル動画を無料視聴したい場合、YouTubeやanitubeでの視聴方法があります。しかし、YouTubeやanitubeで配信されている動画は、明らかに違法にアップロードされているものです。

 

 

 

この場合、動画を見たこちら側も違法と判断されてしまうのでしょうか?
実は、違法にアップロードされた動画を見たからといって違法になるということはありません。

 

 

 

注意すべき点は、違法な画像であると分かった上でダウンロードしたかどうかです。
違法な動画であると分かっていてダウンロードした場合は違法になりますし、知らなかったのであれば違法にはならないということなんです。

 

 

 

とはいえ、違法であることを知っていたかどうかを証明することはできませんよね?
もちろん、違法動画をダウンロードして有料で販売したとなれば、これは完全に違法行為になります。

 

 

 

個人で楽しむ範囲なのであれば、YouTubeやanitubeで視聴しても違法にはなりませんが、全く問題がないというわけではありませんので、そこだけは理解しておきましょう。

 

 

 

ゲド戦記の動画をフルで視聴するなら

 

 

「ゲド戦記」の動画をフルで安全に視聴する方法についてですが、「FOD」、「U-NEXT」、「Hulu」、「auビデオパス」といった動画配信サービスにおいて、ゲド戦記は配信されていないようです。

 

 
しかし、「TSUTAYAディスカス」の動画配信サービスのお試しキャンペーンを利用すれば、ゲド戦記を安全にフル動画で視聴することができます

 

 

 

 

 

 

TSUTAYAディスカスの動画配信サービスでは、月額933円で新作・準新作をのぞいた約8,000タイトルの作品が見放題なんです。スマホ・PC・テレビのいずれにおいても視聴することができます。

 

 

ツタヤディスカス(TSUTAYADISCAS)を徹底解説!

 

 

入会後30日間は無料お試しができますので、ゲド戦記のフル動画を見ることができますよ。ぜひこの機会に視聴してみるといいと思います。

 

 

 

 

 

 

※本ページの情報は2018年3月時点の情報となります。最新の情報はTSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 本体サイトにてご確認下さい。

 

 

ゲド戦記のネタバレ

 

 

ジブリ作品「ゲド戦記」は、ル=グウィン作の「ゲド戦記」を原作としながらも、原案「シュナの旅」の影響を強く受けているので、原作とは異なる部分も多くなっています。

 

 
例えば、「影」の意味において、原作では若い頃のハイタカの影が「心の闇」として描かれていますが、劇中ではアレンの影が「心の光の存在」として描かれています。

 

 
また、原作ではアレンは国の異常を伝えるために父に命じられてハイタカに会いに行き二人で旅へ出るという流れになっていますが、劇中ではアレンが心の闇に支配されて父を刺し、国を追われて逃げている時にハイタカに出会って旅に同行するというストーリーとなっています。

 

 
また、テルーの描写においても、原作のテルーは顔の半分がケロイド化して目がつぶれていたり、手が溶けて鉤爪のようになっていたりと、かなり醜悪さを表現する描写が多いのですが、劇中では火傷の跡こそあるものの、「テルーの唄」のような美しい歌を歌うことができる少女として描かれています。

 

 
物語の結末についても、原作では悪を倒すことで解決しようとはしていません。
しかし、劇中ではクモが生死両方を分かつ扉を開けたことで世界の均衡が崩れたとして、そのクモを倒すことで解決に向かうとしています。

 

 
クモを倒すことで世界の均衡が元に戻ったかどうかまでは描かれていませんが、世界の均衡を崩す存在は実は「人間」であるということを暗示しており、不死を求める強欲な人間の象徴としてクモが表されていると推測できるのです。

 

 

 

まとめ

 

 

「ゲド戦記」の原作を知っている方も知らない方も、一度はその世界観を感じてみてはいかがでしょうか。

 
YouTubeやanitubeでの視聴は違法には当たりませんが、違法にアップロードされている動画を見るのはやっぱりおすすめできません。

 
「TSUTAYAディスカス」の30日間無料お試しを利用して、安全・安心にフル動画を楽しみましょう。