この世界の片隅に動画をアニポより安全にフル視聴するには?

 

気になる映画をお得に視聴しよう

 

最新映画や前から観たかった映画をお得に視聴してみませんか?

 

今ならなんと30日間無料お試し視聴できる
キャンペーンを実施しています!

 

詳しくはコチラ

↓ ↓ ↓

 

この世界の片隅にの動画をアニポより安全にフル視聴する方法は、どのようなものがあるでしょうか。数々の動画配信サイトより一番最適と思われる動画サイトをご紹介したいと思います。それ以外にもあらすじや感想そしてネタバレをしたいと思います。

早速いってみましょう♪

 

 

 

この世界の片隅にの動画をアニポでの視聴がダメな理由!

 

 

アニメを無料でみようと思ったら、まず無料サイトを探す方が多いかもしれません。
でも、皆さん無料サイトで見るリスクをご存知ですか?

 

 

 

リスクとして挙げられるのは次のような点です。

 

・音質が悪い
・画質が悪い
・ウイルス感染のリスクが高い
・法律違反=著作権侵害
・広告ばかり表示されストレスになる
・途中で止まり見られない

 

 

利用された方々の口コミです。
こんなに多くの方が、リスクを感じているのに、わざわざ見る必要はないと思いませんか?

 

 

 

タダほど怖いものはありません!」よね。
PCやスマホなどが壊れてから後悔しても遅いです!

 

 

 

リスクを背負うことはなく、現在であれば、様々な動画配信サイトでアニメを楽しむことができます。ぜひ公式の動画配信サイトでお楽しみください

 

 

 

この世界の片隅に動画を安全にフル視聴する方法

 

 

動画配信サイトがたくさんあるとお伝えしたのですが、その中でもこの世界の片隅にの動画を安全にフル視聴するのであれば、ツタヤディスカスがおすすめです。

 

 

ツタヤディスカス(TSUTAYADISCAS)を徹底解説!

 

 

 

ツタヤディスカスは、レンタル業界大手のTSUTAYAが100%出資して作られた子会社です。親会社もしっかりしているので、安心して利用できるのがポイントです。

 

 

 

TSUTAYA TVと言われる動画配信サービスとBlue-ray・DVD・CDなどがレンタル可能な定額レンタルがセットになったサービスとして人気があります。

 

 

 

ツタヤディスカスを使用することで、ストレスを感じることなく視聴できますよ♪

 

 

 

また動画の配信サービスでは、動画の見放題となっています。
見放題の対象は、8000タイトルです。(新作・準新作は除きます)
借り放題の対象は、旧作です。(新作は除きます)

 

 

 

無料お試し期間が30日間あるため、その後更新し定額プランを決定すると、新作も借りることができるようになります。

 

 

 

どうしても新作が借りたい場合には、毎月付与される1080Pを利用することです。
平均して新作のレンタルポイントは、540Pです。

 

 

 

2本は、ポイントを使えば見ることができる、借りることができるということになりますね。うまく利用してみてくださいね。

 

 

 

以上からお試しキャンペーンがあったり、ポイントがあったりと
普通よりも最初はお得に視聴できる環境が整っているので
ツタヤディスカスはオススメなんです。

 

 

下記から登録して「この世界の片隅に」をお得にフル視聴できます♪

 

 

 

 

 

 

本ページの情報は2018年6月時点の情報となります。最新の情報はTSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 本体サイトにてご確認下さい。

 

 

 

この世界の片隅にのあらすじは?

 

 

 

 

広島市に生まれて育った3兄妹の中子のすずは、おっとりとした性格の持ち主。

兄はというとしっかり者で、いつもダメ出しを食らっていた。

そんなすずの趣味は、絵を書くこと。

 

 

 

鉛筆がかけなくなるほど小さくなるまで鉛筆を握り、絵を書くことに没頭していた少女時代を過ごしていた。

 

 

 

そんなある日のこと、北条周作という青年が父親と一緒に鈴の家を訪れてきた。

周作が小さい頃に一度だけすずの家に来たことがあったが、そのときに一目惚れをし、結婚の申込みをしにきたのである。

 

 

 

本人自身は、あまり乗り気でなかった縁談。

 

 

 

 

周りのすすめもあり、嫁ぐことを決めたのである。

嫁ぎ先の北条家で新たな生活がスタートした。

 

 

 

そこに、嫁ぎ先でうまくいかなかった姉の径子が娘をつれもどってきた。

姉の性格はというと、すずと正反対でテキパキ何でもできるタイプ。

 

 

 

すずに対して小言を言うことも多かった。

その娘の晴美はというとすずととてもなかよしで、2人でよく遊んでいた。

 

 

 

軍艦好きの晴美のために、すずは絵を書いてあげるなど幸せいっぱいな時間を過ごしていた。時間が流れ空襲警報がよく発令されるようになった呉。

 

 

 

防空壕に逃げる回数も頻度をましていった。

周作の父が、空襲で怪我をしてしまう。

 

 

 

入院した周作の父のお見舞いに訪れた帰り、また空襲警報がなった。

 

 

 

防空壕ににげこんだすずと晴美。

晴美を一生懸命にまもっていたすずだったが、防空壕から出たときに不発弾によって晴美の命と鈴の右手は、奪われたのである。

 

 

 

晴美を失ったことにより径子から責め立てられる日々、すずは、死にたくなっていた。

戦争が本当に怖いということが肌で感じられる作品ですね。

 

 

 

自分のせいではないけれど、晴美がなくなったことで、自暴自棄になってしまうこともわからないではないですね。

 

 

 

自分が連れていなければととても後悔したところに、責め立てられる日々が続けば、死にたくなるというのもわからないでもないですね。

 

 

 

結末はどの様になっていくのでしょうか。

後ほどまたご紹介してみたいと思います。

 

 

 

この世界の片隅に傘の意味は何?

 

 

傘を持ってきたかと言う言葉が、何度が出てきますよね。

この傘の意味は、何か気になった人も多いはずなんですがーその意味は・・・・!

 

 

 

結婚後初夜をむかえる儀式のようなものいわば、その土地に昔から言い伝えられる風習みたいなもののようです。

 

 

 

昭和初期の設定のお話なのでそういうのももしかしたらあるのかもしれませんね。

あからさまな表現をしなくても初夜をともに迎えるという言葉を他のものに例えて伝える工夫がされてきたようですね。

 

 

 

この世界の片隅にをフル視聴した感想

 

 

フル視聴した感想をまとめてみました。

 

 

・内容がすごく衝撃的。
・凄くリアルな描写がされている。
・女性の描かれ方が普通の感じ。
・戦争映画なのに、悲惨さが全く感じられない。
・活力のある物語だった。
・日常にすごく寄り添った内容のもの。
・色恋もののはずなのに偏りがない。
・一度は戦争について見てほしい作品
・泣き顔が全く写ってこないのが不思議。
・声優として「のん」さんがしていたけれど適任だった。

 

 

といろいろな意見が出てきていました。

なかなか内容的には充実している印象を受けました。

 

 

 

ただそうは言ってもやはり戦争時代の映画なので、衝撃を受けることは間違いないでしょうね。ネタバレを見ていってみましょう。

 

 

 

この世界の片隅にのネタバレ

 

 

空襲警報がなっても防空壕に逃げ込まないすずをみて、周作は、いろいろ考えたのだろう。広島に変えることをすずに提案したのである。

 

 

 

広島に帰ることを決めたとき、市内に原子爆弾が投下された。

数日たった頃に広島に帰省したすずと周作だったが、その変わり果てた故郷に絶句する。

呉に帰ろうとしていたとき、一人の少女が近寄ってきた。

 

 

 

すずのことを母親だと思い込んだ戦争孤児であった。

 

 

 

 

ほっておくこともできず、周作とすずは、その少女を連れて呉へ戻り新しい生活をすることとなるのである。

 

 

この語がどういう風になっていくのかが気になりますね!

時代はというと混乱期でもあり、何もなくなってしまった時代です。

 

 

 

そこからの生活の立て直しなどをどのようにおくっていったのか本当に気になりますね。

孤児を見たときも夫婦で違うよと言えなかった点など考えさせられる部分は多そうです。

 

 

 

ただ2人に子供は、なかなかできなかったという事実もあるようですので本当の娘のように育てていったのでしょう。

 

 

 

とはいえいつかは、本当の親でないことを伝えていかなければならない時期が来ると思います。そのあたりのこともどのように伝えられるのかしっかりと見たいですね。

 

 

 

まとめ

 

 

この世界の片隅に動画を安全にフル視聴する方法をご紹介しました。
終戦があったからこそ現在があります。

 

 

その時代の大変さをすごく忠実表現されたこの作品。
戦争を知らない世代の人に一度見てもらうと良いかもしれませんね。

繰り返してはいけない過ちなども含めた上で見てください。