猫の恩返し動画をフルで無料視聴はできるのか?調査!

 

気になる映画をお得に視聴しよう

 

最新映画や前から観たかった映画をお得に視聴してみませんか?

 

今ならなんと30日間無料お試し視聴できる
キャンペーンを実施しています!

 

詳しくはコチラ

↓ ↓ ↓

 

猫の恩返しのフル動画を無料視聴できるのかについて調査しました!
ネットが普及した今、映画のフル動画を見る方法はたくさんありますが、猫の恩返しのフル動画を無料で見ることはできるのでしょうか?

「猫の恩返し」とは、2002年に公開されたスタジオジブリ製作の長編アニメ映画です。
「今を生きることの素晴らしさ、大切さ」をテーマにした映画で、お子さんをお持ちの方ならぜひ見せたい映画の1つなのではないでしょうか。

 

 

猫の恩返しの動画をフル視聴は可能なのか?

 

 

スタジオジブリ制作の映画は一部、YouTubeにその動画が投稿されているのが見つかりました。例えば「もののけ姫」や「火垂るの墓」などです。

 

 

 

しかし、公式から配信されたものではなく、第三者が勝手に投稿した違法アップロードのものであるため、いつ動画が消されていてもおかしくありません。

 

 
YouTube以外でも、無料動画サイトでスタジオジブリ映画が見れるものがあるようです。

「パンドラ」や「Dailymotion」などの動画投稿サイトは有名です。

 

 

 

しかし、このような動画サイトに投稿されたジブリ映画はほとんどが違法アップロードされたものなんです。

 

 

 
最近では、投稿されてもすぐに違法と判断され、削除されているケースが増加しています。現在、このような無料動画サイトで違法動画を見ても、懲罰の対象にはなっていませんが、今後は取り締まりが厳しくなることが予想されます

 

 

 

できるだけこのようなサイトで視聴しないほうがいいでしょう。

 

 

 

そもそも、違法にアップロードされた動画は、画質や音質が悪いのでおすすめできません。スタジオジブリ映画は作画も素晴らしいため、視聴するなら高画質のものが絶対いいです。

 

 

 

また、動画サイトの中には、ウィルス感染してしまう悪質サイトもあるようです。
無料と言われていても、こういった怪しげなサイトには近づかないようにしましょう。

 

 

 

無料の動画サイトは無理だとしても、有料の動画配信サービスを使えばスタジオジブリ映画が楽しめるのでは?

 

 

 

「Hulu」や「U-NEXT」、「Rakuten TV」など大手の動画配信サービスはいくつもありますが、残念なことにスタジオジブリ映画はこれら有料の動画配信サービスでも見ることができないんです!

 

 

 

つまり、スタジオジブリ映画を見るには、DVDをレンタルもしくは買うか、地上波放送を待つしか方法はないんです。

 

 

 

それじゃあ、無料で猫の恩返しは楽しめないのか…。

 

 

 

いえいえ、そこでご紹介するのが「TSUTAYAディスカス」です。
「TSUTAYAディスカス」は、レンタルショップTSUTAYAの公式サービスで、TSUTAYAのCD・DVDが借り放題でき、しかも自宅まで配送してくれるサービスです。

 

 

ツタヤディスカス(TSUTAYADISCAS)を徹底解説!

 

 

 

また、国内のテレビ番組から海外映画まで、たくさんの動画も見ることができ、取り扱い作品数はなんと32,000タイトル以上も!

 

 
そのうち、動画見放題の対象作品は約8,000タイトルにもなります。

 

 

 

スタジオジブリ映画は、有料の動画配信サービスでも見れませんが、TSUTAYAなら猫の恩返しが見られますね。

 

 
しかも、今なら30日間無料のお試しキャンペーンがあるので、その間はお得にサービスが利用できるんです。

 

 

 

つまり、TSUTAYAディスカスの30日間無料サービスを利用すれば、猫の恩返しがお得に見られるというわけです!

 

 

 

わざわざDVDをレンタルしなくても、地上波放送を待たなくても、期間中に解約すればお得に猫の恩返しが楽しめます。

 

 
ぜひ一度登録してみてください

下記からどうぞ♪

 

 

 

 

 

 

本ページの情報は2018年7月時点の情報となります。最新の情報はTSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 本体サイトにてご確認下さい。

 

 

 

猫の恩返しあらすじは?

 

 

ごく普通の女子高生である「住吉ハル」は、ラクロス部に所属しています。
ある日、友達のひろみと部活から帰宅中、トラックに轢かれそうになった猫をラケットで助けます。

 

 
すると助けた猫は2本足で立ち上がり、日本語でお礼をして立ち去ったのでした。
この不思議な猫の正体は、猫の国の王子「ルーン」。

 

 
ルーンを助けた恩返しとして、猫の国からは大量のラケットや猫じゃらしなどがハルに贈られてきます。

 

 
しかしハルには必要のないものばかり、困っていたハルは猫の国の第2秘書「ナトル」にそのことを告げます。

 

 
すると猫の国に招待するといわれてしまいます。

 

 
実は、猫の国の王「猫王」が、ハルをルーンの妃にしようと企んでいたのでした。
ハルがどうしようと悩んでいると、「猫の事務所を探して」と何者かにメッセージを送られます。

 

 

 
ハルは太った猫「ムタ」によって猫の事務所に導かれ、猫の男爵「バロン」とその相棒「トト」に出会うのでした。

 

 
バロンもムタも、猫の国へ行くことは危険だと忠告しますが、ハルは猫の国の第1秘書「ナトリ」率いる集団によって連れ去られてしまいます。

 

 
猫の国へと着いたハルは、ルーンの未来の妃として盛大なもてなしを受けると、次第にこのまま猫になっていいかもと思うようになり、見た目も猫に近づいていくのでした。

 

 
猫の国からの脱出をあきらめたハルの前に、バロンが変装して猫の国へ潜入してきます。
ハルは、バロンとムタの助けを借りながら、猫の国から脱出します。

 

 
人間界へと戻ってきたハルは、学校の屋上でバロンに告白するも、バロンは「また困ったことがあったら、猫の事務所は開かれる」と言い残し、自分たちの世界へと帰っていきました。

 

 

 

猫の恩返し声優一覧

 

 

主人公の女子高生「吉岡ハル」の声を務めたのは、女優の池脇千鶴です。

 
1997年、第8代リハウスガールとして芸能界デビューし、1999年には、映画「大阪物語」で映画デビューを果たしました。

 

 
2001年にはNHK連続テレビ小説「ほんまもん」で主演を、2014年には映画「そこのみにて光輝く」で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞するなど、女優として活躍しています。

 

 
ちなみに、自身も猫を飼っているのだとか。

 

 
「バロン」の声を務めたのは、俳優の袴田吉彦です。
1991年、第4回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞し、翌年には映画「二十才の微熱」で主演を務め、映画デビューを果たしました。

 

 
ディズニー映画「ダイナソー」の日本語吹き替え版で、主人公のアラダーの声を演じ、猫の恩返しの他、CMでCGキャラクターアニメーションと合成共演を担当するなど、本業の俳優のかたわら、声優としても活躍しています。

 

 
「ムタ」の声を務めたのは、俳優の渡辺哲です。

 

 
当初は劇団の制作を志望していましたが、俳優としても参加したことをきっかけに芝居をする楽しさに目覚め、1985年、黒澤明監督「乱」で映画デビューを果たしました。

 

 
強面で剛健な顔立ちから、1990年代にはヤクザ役や殺し屋の役でVシネマに多く出演していましたが、近年では、コメディやお笑い、ラブストーリーなどのテレビドラマにも多く出演しています。

 

 
猫の国の王子「ルーン」の声を務めたのは、俳優の山田孝之です。

 

 
2003年、フジテレビドラマ「WATER BOYS」で初主演を務めてからは、映画「電車男」や「クローズZERO」など、数多くの話題作に出演しています。

 

 
2010年には、米エンタテイメント情報誌「ハリウッド・リポーター」において「世界の注目俳優10人」の1人としても紹介されています。

 

 

 

猫の恩返しのキャラクター一覧!

 

 

主人公の「吉岡ハル」は、ラクロスに励む健康的な女子高生です。

 

 
明るく活発な性格ですが、少し自己判断能力が欠けていて、人の意見に流されやすい性格でもあります。

 

 
ドイツ貴族の名を持つ英国紳士な猫「バロン」は、本名を「フンベルト・フォン・ジッキンゲン」といいます。

 

 
人間界ではドールハウスで猫の人形として、また異世界では相談所「地球屋」のマスターとして存在しています。

 

 
どんな状況においても冷静な判断ができ、高い身体能力でハルを助けます。

 

 
人間界では、ふてぶてしい太った野良猫として商店街を徘徊している「ムタ」は、本名を「ルナルド・ムーン」といいます。

 

 
猫の世界においては、伝説の泥棒として猫の国の壁画に描かれている不老不死の猫なのですが、バロンには敵わないため彼には従うのでした。

 

 
猫の国の王子様「ルーン」は、傲慢な父のようにはなりたくないと、真面目にしようと努めています。白猫の「ユキ」とは恋仲で、結婚したいと願っています。

 

 

 

猫の恩返しのバロンの本名と種類は?

 

 

 

猫の恩返しの主要キャラクター「バロン」、白いスーツをまとい、帽子をかぶって杖をつくといった英国紳士のような猫です。

 

 
彼はバロンと呼ばれていますが、実は本名ではありません

 

 
もともとバロンという言葉は名前ではなく、貴族の称号「男爵」を意味しています。
日本語で言えば「紳士」という意味になるのでしょうか。

 

 
つまり、バロンというのは愛称というわけです。

 

 
彼の本名は「フンベルト・フォン・ジッキンゲン」といいます。
ドイツ生まれの猫なんだそうです。

 

 

 

彼のモデルとなった猫は「アビシニアン」という猫です。

 

 

アビシニアン

 

 

アビシニアンは、クレオパトラも愛したといわれるほど美しい猫で、甘えん坊で頭が良い性格をしています。ペットショップやブリーダーなどでは、15~30万円ほどする、かなり高価な猫です。

 

 

 

まとめ

 

 

猫の恩返しのフル動画を視聴する方法についてまとめました。
ネット社会である今、動画を無料視聴する方法はたくさんありますが、どれも違法にアップロードされた危険なものです。

 

 

安全に猫の恩返しのフル動画を楽しむ方法は、「TSUTAYAディスカス」のみ!
今なら30日間無料お試しができるチャンスです。

 

ぜひ、このチャンスを利用してお得に安全に猫の恩返しのフル動画を楽しみましょう。