風の谷のナウシカ動画をフル視聴するお得な方法!

 

気になる映画をお得に視聴しよう

 

最新映画や前から観たかった映画をお得に視聴してみませんか?

 

今ならなんと30日間無料でお試し視聴できる
キャンペーンを実施しています!

 

詳しくはコチラ
↓ ↓ ↓

 

風の谷のナウシカの動画をフル視聴するお得な方法があるんです。
不朽の名作として受け継がれる風の谷のナウシカ動画をフルで見るならあのサービスがおススメです。早速見ていきましょう。
あらすじや声優、原作者や登場人物などもPICKUPしますよ~!

 

 

 

風の谷のナウシカ動画をフルで視聴するオススメな方法!

 

 

風の谷のナウシカ動画をフルで視聴するならツタヤディスカスが一番です!
その理由は詳しく後ほどご紹介しますが、一番のオススメなポイントは
なんといっても30日間の無料お試しがあることです。

 

 

 

このお試し期間でお得に風の谷のナウシカをフル視聴できるので
知っている人はかなり得なんですよね~

 

 

 

ツタヤディスカスを徹底解説!

 

 

 

登録も簡単で、たくさんの取扱数を誇るレンタルショップTUTAYAの100%出資会社がしています。無料登録をした当日から30日間は、¥0で動画の見放題と定額レンタル8が体験できます。

 

 

 

動画の見放題は、新作・準新作を除く8000タイトルが対象となっています。
また定額レンタル8の方も新作を除く作品が、借り放題の対象とされています。

 

 

 

ツタヤディスカスを体験している人の中の意見に、無料お試しの時に起こるトラブルが取り上げられていましたのでご紹介。

 

 
登録をしたあと色々操作をしている間に、何度もログイン・ログアウトを繰り返すと端末数としてカウントされるとのこと。

端末の登録数は、5台までとされています。

 

 

 

カウントが上回った旨のメッセージがきたりという事例が起きたりするようです。
無料お試しをする場合も、トラブルになった場合は、即問い合わせるようにしてくださいね。説明をよく読んで操作するようにしてください。

 

 

 

 

また、解約の方法もなかなか面倒で、解約ができずというトラブルもあるとUPされていることも多いようです。

 

 
分かりにくいですが、説明の通りにしていくと、できるようです。

但し、解約の場合は、いくつか条件がクリアされていないと無理なようです。

 

 
30日間無料期間内に返却がすべて終わっている状態で解約の手続きをすることです。

レンタルしていて返し忘れた!などの場合は、自動更新されてしまいますので、月額料金が発生します。

 

 
もし、利用の予定がない場合は、きちんと解約手続きまでしておきましょう。

ぜひお得なキャンペーンをしているツタヤディスカスで風の谷のナウシカをご視聴ください下記からどうぞ♪

 

 

 

 

 

 

本ページの情報は2018年5月時点の情報となります。最新の情報はTSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 本体サイトにてご確認下さい。

 

 

 

風の谷のナウシカのあらすじをチェック!

 

 

人類によって自然を征服し繁栄させてきたが、巨神兵による
【火の7日間】により壊滅させられた。

 

 

 

それから1000年ほど経過した時、わずかに残った人類は、腐海に征服されかけていた。

海からの風によって守られているトルメキア王国の属国に、「風の谷」が存在した。

 

 

 

風の谷の族長ジルの娘ナウシカは、メーヴェに乗って空を飛び、巨大な蟲・王蟲たちと心を通わせることができる力を持っていた。

 

 

 

 

風の谷に輸送機が墜落し、巨大な血の塊のようなものが発見されたのである。

その正体は、世界を7日間で焼き尽くした巨神兵だったのである。

 

 

 

ペジテ市の地下から掘り出された巨神兵をトルメキア軍が奪い、輸送中に墜落したのである。トルメキア軍の皇女クシャナは、風の谷に、兵隊を送り込み、ジルを殺害し、ナウシカを人質として連れ去る。

 

 

 

その途中に、トルメキアの船は、ペジテのアスベルに襲われるのである。

アスベルは、復讐を決意した。

 

 

 

ナウシカは、腐海に落ちたアスベルを救出した際に、腐海の秘密を知ることとなった。

樹々が大地の毒を取り込むことできれいな結晶に変えていたのである。

 

 

 

 

蟲や腐海は、自然を守るため浄化する働きを持っていたのだ。

ペジテに戻った2人は、市長がトルメキア軍を蟲を使って襲わせようとしている計画を知ってしまうのだ。

 

 

 

アスベルの母親に助けられナウシカは、船から脱出したのだ。

 

 

 

風の谷では、村の人たちが、蜂起していたのである。

風の谷に向かう王蟲の大群をナウシカは見たのである。

 

 

 

しかし、群れの先にあったのは、瀕死の王蟲をぶら下げていた飛行船があったのである。

王蟲の暴走を知った人々は、パニックに陥ってしまう。

 

 

 

巨神兵を使うことをクシャナは決意するが、使用するには早すぎ、崩れてしまったのである。王蟲の子をぶら下げて走る飛行船のもとへ、ナウシカは武器も持たずに近寄ったのである。

 

 

 

ぶつかった衝撃でナウシカは、落下した。

 

 

 

酸の湖に入っていこうとする王蟲の子を必死でとめたのである。

赤かった目は、青色に変わり、ナウシカの傷をいやそうとしていた。

 

 

 

群れに王蟲の子を返すため、ナウシカは群れの中におろすように指示をした。

跳ね飛ばされてしまったナウシカ。

 

 

 

自分の身を盾にして王蟲達の怒りを止めたのである。

奇跡が起こったのだ。

 

 

 

気を失っていたナウシカは、生きていたのである。

クライマックスの部分は、何度見ても感動しますね

 

 

 

「その者蒼き衣を纏いて金色の野に降り立つべし!」このフレーズは、忘れられないフレーズです。古き時代からの言い伝えが現実のものになったという表現がされています。

 

 

 

大ババが言った言葉になっていますが、原作では、他の人がいったといわれています。

そのあたりの違いも少し気になりますね。

 

 

 

風の谷のナウシカの声優は誰?

 

 

ナウシカの声優は、どんな方がやっているでしょうか。

早速見ていきましょう。

 

 

 

ナウシカ⇒島本須美さん

 

ジル⇒辻村真人さん

 

ユパ⇒納谷悟郎さん

 

ミト⇒永井一郎さん

 

大ババ⇒京田尚子さん

 

アスベル⇒松田洋治さん

 

ラステル⇒冨永みーなさん

 

ペジテ市長⇒寺田誠さん

 

ラステルの母⇒坪井章子さん

 

クシャナ⇒榊原良子さん

 

クロトワ⇒家弓家正さん

 

 

 

どなたの声も聞いていて、キャラクターにマッチしていますよね。

 

 

 

風の谷のナウシカの原作者は?

 

 

 

ナウシカの原作者は、宮崎駿さんです。

宮崎駿さんは、ジブリの数々の作品を手がけてきた方ですよね。

 

 

 

宮崎駿さんの作る作品は、奥の深い作品が多いですね。

風の谷のナウシカは、小さいころから見てきましたが、とても印象の強い作品でした。

 

 

 

原作とアニメでは、かなりの差があるとのことです。

部分分で登場人物が違っているなどとの話も出ています。

 

 

 

その違いを見てみるのも面白いかもしれませんね。

 

 

 

内容が深いだけに、考えさせられることが多い宮崎駿さんの作品。

不朽の名作として今後も受け継がれていくのではないでしょうか。

 

 

 

小さいころは、どのようなことが言われているのか言いたいのかがあまりわかりませんでした。大人になってから見るとまた、世界観が変わりますね。

不思議な世界に引き込まれる感じです!

 

 

 

風の谷のナウシカのキャラ登場人物

 

 

風の谷のナウシカのキャラをここでおさらいしておきましょう。

 

 

 

【ナウシカ】・・・ジルの娘 風つかい

 

【ジル】  ・・・・ナウシカの父

 

【ユパ・ミランダ】・・ナウシカの師(剣豪)

 

【ミト】・・・・・ナウシカの忠臣

 

【大ババ】・・・・腐海一の年より。

 

【アスベル】・・・ペジテの王子

 

【ラステル】・・・ペジテの双子の妹

 

【ラステルの母】・・ペジテ市の大妃

 

【クシャナ】・・・トルメキアの皇女

 

【ヴ王】・・・・・トルメキア国王

 

【クロトワ】・・・クシャナ配下の軍参謀

 

 

 

色々なキャラが出てきますが、ナウシカとユパのかけあいも私は、大好きです。

剣豪であるユパの教えを忠実に守るナウシカ。

 

 

 

ナウシカを慕う風の谷の村人たち。

 

 

 

風つかいとして生まれた運命を一生懸命全うするナウシカの姿はとてもすごいです!

やっぱりナウシカって素敵ですよね。

風の谷の皆に好かれる理由もとても分かるような気がします。

 

 

 

まとめ

 

 

風の谷のナウシカの動画をフルで視聴するなら、ツタヤディスカスで是非ご覧ください
安心してフル視聴できますよ~!まずは、お試しから始めてみてください♪

 

 

操作方法を間違えなければ、大満足することができると思います。
また、原作が気になった方は、原作を読んでみるのもいいかもしれませんよ~!