風立ちぬの動画をフル無料で視聴は?anitubeはダメ!

 

気になる映画をお得に視聴しよう

 

最新映画や前から観たかった映画をお得に視聴してみませんか?

 

今ならなんと30日間無料お試し視聴できる
キャンペーンを実施しています!

 

詳しくはコチラ

↓ ↓ ↓

 

風立ちぬをフル動画を無料で観ることが出来るサイトなんてめったにありません。以前はanitubeというサイトで観ることが出来たみたいですが、不正海賊版サイトとして遮断要請を受けたので現在では閉鎖へと追い込まれているようです。

 

不正アップロードは違法ですし、海賊版と知っていながらダウンロードすることも違法ですのでお気を付け下さいね!

 

でもふとした時に、あの作品観たいなと思うことはありませんか?先日も街中で「風立ちぬ」の主題歌が流れてきて、(あぁ、「風立ちぬ」観たいな。)などと思いました。
レンタルショップにわざわざ行くのも面倒ですし、ネット上でお手軽に動画をフルで観ることが出来たら嬉しいですよね。

 

 

お試し視聴できるキャンペーン中です!

>>「風立ちぬ」をフル視聴するならこちら<<

 

 

風立ちぬ動画をフル無料視聴は可能なのか?調べてみた

 

 

風立ちぬの動画をフルで安全に視聴するなら、
ツタヤディスカスが一番オススメです!

ツタヤディスカスを徹底解説!

 

 

オススメの理由としては30日間無料でお試しキャンペーンをしているからです。
この期間を利用してお得に「風立ちぬ」をご覧になるのもいいですね^^

 

 

また、ツタヤディスカスはDVDやブルーレイ、CDを宅配レンタルできますし、
ツタヤ店舗がオンライン注文を受けて自宅のポストに届けてくれ、返却する際も近くの郵便ポストへ返却するというものです。

 

 

借り放題ですし、延滞料金もかかりません

 

 

届けられるDVDやブルーレイ、CDは店舗のものと同様ですから、画質や音質にも問題はありません。
店舗まで行くのに遠い人や面倒な人なんかは嬉しいサービスです。

見たい作品がいつでもどこでも好きな場所で楽しむことができます。

 

 

さらに、「定額レンタル8」というプランに登録すると、「動画見放題」がセットでついてくるのですが、今なら30日間無料体験ができます。

 

 

30日を過ぎてしまうと料金は発生しますが、この無料期間をうまく活用すれば、無

料で好きなだけ動画を楽しむことができますよ!

 

下記からどうぞ!

 

 

 

 

風立ちぬの動画はyoutubeやanitubeで視聴は不可です!

 

 

無料動画を観ることが出来るサイトと言えば有名なのがyoutubeやanitubeですよね。
でも「風立ちぬ」はもちろん様々な動画の視聴をおすすめ出来ない理由があります。

それは、違法ダウンロードやウイルス感染の危険性があるからです。
そのつもりではなくてもふとした弾みで動画をダウンロードしたり広告のバーナーをクリックしたりすることがあります。

 

 

 

その結果違法行為をしてしまったりウイルスに感染してしまったりするおそれがあるのです。インターネットを利用するときは安全性を確認した上で利用してくださいね。

もちろん、セキュリティソフトのインストールやOSなどのアップデートは必須ですよ!

 

 

 

風立ちぬの意味がわからない人へ!文法は?

 

 

原作の小説「風立ちぬ」のタイトルはそもそもヴァレリに詩『海辺の墓地』の中の一句である「風立ちぬ、いざ生きめやも」から表題をとったそうです。

 

 

 

「風立ちぬ」は「風立つ」に「ぬ」がついていますね・「風立つ」の「立つ」とは、「今まで静かだったところに風が吹き始めた」という様子です。

 

 

 

また「ぬ」はよく使われる否定の意味ではなく、ここでは完了・強意の助動詞終止形として使われています。
つまり、「風立つ」が完了したことをさし「風が出てきた」という意味と考えられます。

「いざ、生きめやも」の「いざ」は「さあ、いよいよだ」という意味で「(生き)め」は意思の助動詞「む」の已然形としてとり「生きることが出来るだろうか」と訳せます。
「やも」というのは反語の助詞で「~か、いや~ではない」という意味ですので、最終的に「いざ、生きめやも」というのは「さあ、生きていこうか、いや死のう」と訳されます。

 

 

 

しかし、小説の内容や菜緒子のキャラクターをみると「生きていこうか、生きていくまいか、いや生きていくぞ」という意味合いの方が合っていると言えます。
この一文はよく様々な大学で文法と解釈を考える題材として取り上げられるそうです。

ちなみに、もともとのヴァレリの誌では「風が立った、私たちは生きようとしなければならない」という意味合いだそうです。

 

 

 

風立ちぬの「菜穂子」の初夜について

 

 

二人の初夜は、菜緒子が二郎に「きて…」と布団に誘い、二郎が戸惑いながらも近づいていき電気を消すといったシーンなのですが、ジブリ作品でこのように露骨な肉体関係を示すようなシーンは初めてでした。

 

 

 

今まで「もののけ姫」や「ハウルの動く城」などの過去作でも暗示するようなシーンはあったものの、やはりジブリ作品は大半が子供向けということなので露骨な表現は避けられていたと思われます。

 

 

 

しかし、このシーンには本来は伏線として意味があるものだったのです。

 

 

 

「風立ちぬ」の足すとシーンは、草原のような場所を二郎が歩いているところに亡くなったはずの菜緒子が出てきて「生きて」と声をかけ消えてしまうというものです。
ただ、これは変更されたもので、当初はこの草原のような場所にはイタリアの技師カプローニと二郎がいてそこに菜緒子が歩いてきて合流するというものだったそうです。

この場合、既に3人とも死んでいて死後の世界で再会するという設定です。

 

 

 

そこで再会した二郎に対して菜緒子が「生きて」ではなく「きて」と呼ぶ予定だったとのことです。
そうすることで、このラストシーンで菜緒子が二郎にいった「きて」が、初夜で菜緒子が二郎に「きて」と布団に誘ったシーンとつながる予定だったそうです。

 

 

 

ところが、実際に使われたラストシーンでは二郎が生きていて、菜緒子が二郎に言った言葉も「生きて」にかわっていたため初夜のシーンとラストシーンが繋がることはなく、
不可解に思った人が多くいたといわれています。

 

 

 

ただ、先に死んだはずの菜緒子がのちに死んだはずの二郎に対して「きて」というのは西洋的な死の考えだといわれていて、日本の場合、常に死者が生きている人を見守っているという考え方の方が多いため、当初のラストシーンは日本人には合わないと思われます。

 

 

 

よって、日本人の死の考え方を尊重したラストシーンに変更されたのかもしれません。

 

 

 

風立ちぬには都市伝説があった!?

 

 

ジブリ作品には色々と都市伝説があると言われていますが、もちろん「風立ちぬ」にも都市伝説があると言われています。

 

 

 

例えば、主人公の堀越二郎は愛煙家で作中でも頻繁に喫煙シーンがあります。
その頻度も多いのですが、なんと結核を患っている妻の病室でも喫煙するというシーンがあります。

 

 

 

これに対し禁煙を推進する医師団から猛烈な批判があったそうです。

 

 

 

これに対して愛煙家の団体である『喫煙文化研究会』が、昭和25年のデータでは全国の男性の8割以上が喫煙者であったことから、映画の描写としてごく自然な表現だったと擁護したそうです。

 

 

 

映画の舞台は昭和初期とのことなので、この時代ではあたりまえのことだったのかもしれませんが、今の時代では考えられない光景ですよね。

 

 

 

また、主人公の堀越二郎のモデルは実在した航空技術者なのですが、堀越さんは飛行機の研究だけではなくUFOについても研究していたそうです。
1947年にアメリカで実業家がUFOを目撃したというアーノルド事件といものが起こりました。その事件について堀越さんは12個もの仮説を立てていました。

 

 

 

そのほとんどの仮説はアーノルド事件とはアメリカ軍が主張するように心理的な勘違いでUFOをみたと思い込んでいるというものでしたが、心理的な勘違いとしては片づけられずに実際にUFOがいたということになるという仮説もあったのです。

 

 

 

それほど、堀越さんはUFOというものに関心を寄せていたのでした。

 

 

 

まとめ

 

 

「風立ちぬ」の内容とお得に動画を観られる方法についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?
違法ダウンロードや海賊版・ウイルス感染についての危険性も少しは知ってもらえたと思います。この機会にぜひ色々な作品を安全にお楽しみくださいね。

 

 

お試し視聴できるキャンペーン中です!

>>「風立ちぬ」をフル視聴するならこちら<<